【イソロイシン】筋トレに必要不可欠!その驚くべき働きとは?

イソロイシンとは

イソロイシンとは 

 

筋トレやトレーニングなどを行う上でプロテインやサプリメントを摂る方は名前は聞いた事があるかと思います。
あまり聞き慣れない方は体の筋肉に関係している事くらいしかわからない方も多いのではないでしょうか。

 

イソロイシンとは

 

人の体内では合成することのできない必須アミノ酸の一種で、バリン、ロイシンとともにBCAA(分岐鎖アミノ酸)に分類されています。
略号は「ile」。
筋肉を構成するたんぱく質の主成分はBCAAと呼ぶアミノ酸です。

 

その中の一つであるイソロイシンは、筋肉を強くしたり肝機能を向上させるほか、血管の拡張や疲労を回復させる効果があると言われています。

 

また、運動する際のエネルギー補給としてサプリメントなどに多く配合されているアミノ酸なのです。
近年では、血糖値の上昇を抑制し、糖尿病に効果があるということがわかり、期待が高まっている成分なのです。

 

イソロイシンの働き

先程もイソロイシンの内容でちらっとご紹介しましたが、ここではイソロイシンの働きについて詳しくご紹介したいと思います。

 

筋肉を促進する働き

イソロイシンは甲状腺ホルモンの分泌を促す効果があるため、筋肉や体の成長を促進させる効果があると言われています。

 

甲状腺ホルモンとは

体全身の細胞に作用して代謝を促してくれる働きがあるホルモンの事。

 

代謝機能がアップすると言うことは、体の成長を促進してくれる、すなわち筋肉の形成を促してくれるのです。

 

 

疲労を回復させる働き

運動する上で大切なエネルギー源である”グリコーゲン”は必要に応じて”糖”に変換されるのです。このグリコーゲンが不足してしまうとスタミナを維持できず、疲れが出てくるのです。
その為、このグリコーゲンを溜める働きがあるイソロイシンはスタミナを維持するために、体内でグリコーゲンを貯蔵する働きをに担っているのです。

 

 

肝機能を高める働き

体内のアミノ酸のバランスが崩れてしまうと、肝性脳症やまれに昏睡状態を引き起こしてしまう事があります。特に、肝硬変の方はBCAAの濃度が低いため、BCAAを摂ってアミノ酸バランスを整えていくのです。このように、BCAAの一つであるイソロイシンも肝機能を高める働きがあると言われています。

 

 

神経機能を正常に保つ働き

脳から出された命令をすばやく末端組織に伝達し、判断力や反射速度を上げる働きをサポートしてくれるのがこのイソロイシンなのです。
また、イソロイシンは興奮系の神経伝達物質の材料となるため、集中力を高めてくれる働きも担っています。

 

 

髪や肌の健康を保つ働き

イソロイシンに限らず、ほとんどのアミノ酸は、髪の毛のたんぱく質の約80%を構成し、髪の潤いを与えてくれる働きを持っています。
逆にイソロイシンが不足してしまうと、皮膚炎症状を引き起こしてしまう可能性もあるため、肌の健康に重要な役割を持っていると考えられます。

 

 

糖尿病を予防する働き

イソロイシンは食事やサプリなどから摂取した糖質が吸収された後、筋肉へ取り込まれることを促進することで、血糖値の上昇を抑えてくれる働きがあります。すると、血糖値をコントロールする可能性も出てくるので、糖尿病を予防してくれる働きがあると言われているのです。

 

 

イソロイシンの1日の摂取量

イソロイシンを含むBCAAは人の筋肉たんぱく質中に約35%も含まれており、運動時のスタミナ維持や筋肉量の維持に効果があります。
その中でもイソロイシンには疲労を回復させる働きがあるため、多くのスポーツ飲料水などに配合されています。
筋トレや運動をする目的がある方はエネルギー源として多く活用されている成分なのです。

 

では、1日に必要なイソロイシンの摂取量はどれくらいだろうか?

イソロイシンの1日の摂取する目安として、成人では1日あたり「0.5g〜0.7g」は必要だと言われています。

 

イソロイシンを多く含む食品

紹介 

 

イソロイシンは一般的な食生活でも十分に摂ることが可能です。
ここでは、各食品100gあたりに含まれるイソロイシンの量をランキング形式でご紹介したいと思います。

 

1位 大豆たんぱく

3,900mg

2位 かつお(加工品、かつお節など)

3,500mg

3位 小麦たんぱく(粉末状)

3,000mg

4位 高野豆腐

2,700mg

5位 しろさけ(すじこ)

1,900mg

6位 粉乳(脱脂粉乳)

1,800mg

7位 大豆(国産、乾)

1,700mg

8位 ナチュラルチーズ(チェダー)

1,400mg

9位 鶏肉(むね、皮なし)

1,200mg

10位 落花生(乾)

1,000mg

 

どれも手軽に手に入りやすい食品ばかりだと思います。

 

 

イソロイシンの過剰摂取

筋肉や健康に良いとされているイソロイシン。
このイソロイシンを過剰摂取した場合、どんな症状が起きるのでしょうか?
どんな成分でも言えますが、必要以上の成分を摂ることにより、あまり好ましくない症状が出てしまいます。
イソロイシンも例外ではありません。

 

特定のアミノ酸を多く摂りすぎてしまうと、アミノ酸の不足がない状態にもかかわらず、体が「アミノ酸不足になってしまった!」と錯覚してしまうことがあるのです。

 

これを”アミノ酸インパランス”と呼び、イソロイシンを過剰摂取することで体重減少に繋がってしまうのです。

 

このイソロイシンは幅広い食品に含まれているため、通常の食生活では不足することはありませんが、極端なたんぱく質制限や、激しい運動をすると欠乏することがあるのです。
免疫機能の低下だったり神経障害を招いてしまう可能性もあるのです。

 

イソロイシンを摂る際には、必要量をしっかりと守っていくことが大切です。

 

 

筋トレする方はサプリがおすすめ!

サプリがおすすめ 

 

イソロイシンは筋肉量をアップしたり疲労回復に繋がったりと、筋トレやトレーニングに最適な成分です。その為、食生活ではどれくらいイソロイシンの量が入っているのか、わからないかと思います。

 

そんな時は、サプリでイソロイシンを摂るのがおすすめなのです。
サプリに含まれているイソロイシンの量は決まっているので、そのサプリの説明書をよく読めば必要摂取量をしっかりと摂る事ができるのです。

 

その為、効率良く筋肉量をアップすることが実現できるのです。

 

とは言っても、イソロイシンが含まれているサプリは探せばたくさん出てきます。
決めようにも種類が多すぎてどれを選べばよいのかわかりません。

 

そこで、当サイトではイソロイシンが含まれているおすすめのサプリをご紹介していますので、参考までにどうぞ!
どれも筋肉を付けたい方の為のサプリになっています。

 

 

イソロイシンを含むおすすめサプリはコチラ!